読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日にはでっかい太陽が昇るかもしれません。

「覚悟」とは!! 暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開く事だッ!

プロのプログラマとは?

プロのプログラマとは? - プログラマが知るべき97のこと

リンクにあるエッセイの中では、著者の「プロのプログラマとは?」という問いの答えが書かれているが、かなり同意。

とくに、「キャリアに責任を持つ」という内容では、自分の成長は自分で責任を持つということが書かれていて、若手に限らず、中堅(という年代)でも足りない人がうちの会社には多い。

休日などに技術的な勉強をすることを薦める(風潮から指示できないw)のは、「ブラックだ!」みたいなことを叫ぶ人がいるが、まさに「自分のキャリアに責任を持っていない」人たちだと思う。

プログラマは創造的な職業で、常に最先端を追い求めていないと「過去の人」にすぐになってしまうのに、会社の就業時間内でしか技術に接したくないという。

医者、弁護士はいうに及ばす、画家や音楽家、料理人、美容師など、創造的な仕事では、仕事が終わってから勉強を重ねて、ようやく一人前になれるというのに、、、技術が嫌いなら仕事変えれば?と思ってしまう。


最近知った、将棋棋士佐藤康光九段が過去のインタビューで、

「休み?休みなんか要るんですか。だって勉強は労働じゃないでしょう」

ということを話したらしいけど、この言葉には衝撃が走った!!

確かに、勉強は自分のためで、だからこそ自分の成長につながるわけだけれども、どこか労働と同じように考えてしまっていた自分がいたから。

「勉強」というものの考え方一つでも、トップランナーとの差を見せつけられたと思いました。